忍者ブログ

[PR]:アニメから教わる出会える感じ

あられ3:アニメから教わる出会える感じ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あられ3

続:あられ:まとめ 保存版

あられは、ロボットなのに眼鏡をかけるという設定、擬人化した動物のキャラクターが登場するなど童話的な独特の世界観も人気の要因の一つであった。
鳥山先生の出身が愛知県清洲町(現・清須市)ということもあり、その地域で使われる方言の名古屋弁が作中で多用されている。

また、「ほよよ」・「んちゃ」・「キーン」・「バイちゃ」などのアラレ語は流行語にもなった。

当初は作品名にあるように、アラレの生みの親である千兵衛を主人公として毎回発明品で失敗する、という方向性のストーリーであったが、後にアラレを主人公に据えて展開された。
後に作者は、本作が短期打ち切りとなった時のことを配慮し、連載開始前から既に担当の鳥嶋和彦と次回作の打ち合わせをしていたことも明かしている。
鳥山先生本人が大の車好きということもあり、一時期、毎回扉絵に自動車が登場し、アラレが運転しているなどの場面が描かれた。
車は欧州車やホンダ車が中心。
しかしあまりに描きすぎて、担当の鳥嶋に注意されたこともあるという。

大概は鳥嶋の意向を汲んできた鳥山先生であったが、恋愛漫画を描くのが大の苦手である鳥山先生は、アラレとオボッチャマンのラブシーンの要求には気が進まなかったという。

知らない事実が!!!!

せんべいが、主役であったとは・・・・・


そういえば


みたいなところもありましたね・・・・・


参考:wiki

PR

プラグイン

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ